石黒浩氏 未来はこうなる


人はなぜ働かなければならないのでしょう。

もし、もっと高度な技術が実現して、労働をAIやロボットに任せることができれば、人は働かなくてもいいと僕は思います。

その分「自分とは何か」「人間とは何か」「なぜ生きているのか」といった基本問題について議論ができるようになる。

それが、本当の人間としての生き方だと思います。

そうすると、さらに踏み込んで「それぞれの人間の価値とは?」とか、「障害者の意味とは何か」といった人間の定義を考える人が増え、全員が役割を果たせる社会に近づきます。

あと50年で日本の人口は今の7割くらいになりますから、仕事も約7割でよくなるのではないでしょうか・

「仕事の能力が高い=優秀」「仕事の能力が低い=ダメ」という構図も、早晩崩れることでしょう。

その中で障害者の役割はますます重要になります。

新しい技術を生みだすきっかけになるからです。

たとえば、眼鏡は視力が低い人のために生みだされたように、障害のある人の悩みを解決しようという営みが、イノベーションを生み出すケースはとても多いのです。

これからは社会において、「フロンティア(最先端)を示唆(しさ)、提供してくれる貴重な存在」と考えられる傾向が強まるでしょう。

また、家庭用エレベーターが障害者施設から設置されていったように、障害者は新しい技術を受け入れる優先順位が高い、ある意味で特権を持ったグループだと言えます。

たとえば、もしチップを頭に埋め込む技術が、危険性なく実用化したとして、最初に体験できるのは、脳に障害がある人でしょう。

彼らは最先端の技術をいち早く取り入れる優先権を持っていると言ってもいい。

人間のロボット化、アンドロイド化は障害者を先頭に進むことになるのは間違いありません(もちろん、人体への安全性が実証されてからの話です)。

すると、通常の人間を超える人が出てきます。

そんな未来を予感させてくれるのがパラリンピックです。

実際、科学技術の進化によってパラリンピックの選手がオリンピックにも出場するようになりました。

ひと昔前だと考えられないことでしたが、彼らの記録がオリンピック選手を超えるのも、もはや時間の問題です。

実はこれまでも障害者が未来を築いてきたのですが、今後は技術革新が加速度的に早まっていくのに合わせて、その傾向はますます強くなるでしょう。

『枠を壊して自分を生きる。』三笠書房