こういう答えを出しますけど、神さま、どうでしょう

神様 斎藤一人

ともかく、逆境をうらんだりしちゃいけない。

そして、逆境というのは、上にいる、絶対なる人が自分を試そうとしているんだ、と。

そしたら、オレなんかの場合、「神さま、あなたは、オレが泣き言をいうと思ってるかもしれないけど、その手は食いませんよ」って、それで、「こういう答えを出しますけど、神さま、どうでしょう」って、対話するんだよ。

なんか、あやしい話になってきたんだけど(笑)

でも、代々続いているような家ってね、家訓のなかに必ず「神仏を敬え」っていうのが入っているんだよね。

神仏を敬うって、神にすがって生きろ、ということじゃないんだよ。

どんなに成功しても、この世の中には、絶対、おまえなんかに勝てないものがあるんだ、といってるんだよ。

そうやっていわないと、人間って傲慢になってダメなんだよ。

傲慢にならないために、「絶対なる神」というものがいて、それを「敬え」っていう、ね。

その絶対なる神に「一人ちゃん、今の答えよかったよ」って、いってもらえるような生き方を見せたいと思って、やってるんだよね、オレは。

だから、神さまにお願いするんじゃなくて、神さまが「一人ちゃん、よくやったね」って喜んでくれるような生き方、だな。

そうすると、よく「客観的に自分を見る」っていうよな。

「外から自分を見る」っていういい方があるけど、それって人間目線なんだよ。

だけど、天の神様が喜ぶことって何だろう、っていったとき、人は天の目線でものを見て考えるんだよ。

これが、実にいいんだよ。

いろんな“気づき”をもらえて、おもしろいぐらいに、商売でも何でも、うまくいくの。

不況がこようが、どんな問題が出てこようが、飛行機が空気抵抗で上に上がっていくように、逆境を利用して伸びていけるんだよ。

これが、災い転じて福となす、なんだよ。

いいかい、もう一度いうよ。

天がくれた試練に対して、嘆いたりしちゃダメ。

天をうらまなくても、自分の運命をうらんだりしてもダメ。

天をうらんでるのと同じことだよ。

だから、天をうらむ人は逆境から抜け出せないんだよ。

逆境でつぶれる人の特徴なんだよ。

つぶれない人は、逆境のときに天をうらまない、時をうらまない。

逆境を利用して上に伸びるんだよ。

『斎藤一人 商人道』PHP