安藤昇「男の品位」とはなにか。

banner02
男の品位 いいため話
画像:http://gahag.net/

ご存知、新撰組副長の土方歳三の言葉にこんなものがあります。

「どうなる、とは漢(おとこ)の思案ではない。

婦女子の言うことだ。

漢とは、どうする、ということ以外には思案はないぞ。」

「どうなるんだろう?」ではなく、

「どうかしてやる!」、

不安に躍るのではなく「勇気で躍れ!」ということでしょうか。

一流の男になるか、はたまたその他大勢の男となるか。

(中略)

もう一つ、安藤組の組長だった安藤昇さんの言葉をご紹介します。

“「男の品位」とは、言行の一致にして一念に殉じることを言う。

つまり、「やる」と約束したことは命を取られてもやり抜く。

「やらない」と言い切ったら、万金を積まれても微動だにしない。

そして、事に臨んで弱音を吐かず、失敗したら無念の一語を呑みこんで潔く責任を取る。

これが「男の品位」だ。……

価値観の多様化などともっともらしいことを世間では言うが、そうではない。

「男の品位」は時代を超えて不変なのだ。”

(安藤昇 著 『男の品位』青志社)

_______

「魂の読書」

清水克衛 著

育鵬社より