村瀬健 笑いのプロ「仕事に笑いを」

banner02
笑顔 いいため話
画像:kamome-times.com

ご存じの方も多いでしょうが、漫才は「ボケ」と「ツッコミ」で形成されます。

常識とズレた発言をするのがボケ。

そのズレを指摘するのがツッコミ。

漫才の笑いは、ボケを起点として生まれるわけです。

職場においても、適度にボケることが必要です。

なにしろ、「ボケる人=おもしろい人」ですからね。

誰だっておもしろい人には、すすんで会いたくなるものです。

ボケる人には注目が集まり、結果として人間関係がよくなり、ビジネスがうまくいくのです。

それに職場では、プロの芸人のように、大笑いさせなくても大丈夫。

相手をクスッとでも笑わせれば、「おもしろい人」と思ってもらえます。

一度でもそう思わせたら、すでにこちらのものなのです。

自分からどんどんボケていると、性格も明るくなります。

テレビで引っ張りだこの人気女性コンビ、ハリセンボンの箕輪はるかさんは、「性格を明るくしたいから」と芸人を志したそうです。

現在も明るいとは言えないかもしれませんが、ご本人は「当時と比べたら、はるかに明るくなった」と言っていました。

人を笑わせたことがきっかけとなって、性格が変わった芸人はたくさんいるのです。

そのための第一歩が、ボケること。

ボケとは「自分が考えたことを、勇気を出して発表する」ということでもありますからね。

ボケることを習慣にすれば、度胸がついて、あらゆる場面で積極性が出てきます。

「でも、スベったらどうしよう…」

そんなふうに不安になって黙っていたら、損をします。

むしろ、大勢の前でスベったとしたら、そのこと自体が貴重な経験です。

一度でも失敗を経験すれば、恐怖心が小さくなります。

それまで以上に積極的に、自分を表現することができるでしょう。

ビジネスに直結する大きなミスは、場合によっては職を失うほど深刻です。

ですが、ボケるときにどれだけミスをしても、その場で失笑されて終わりです。

スベることを恐れていたら、いつまでも変われません。

それにプロの芸人でさえ、実はトーク中にスベりまくっています。

テレビ番組でもあとから編集で、スタッフの笑い声を追加しているのです。

積極的にボケることは、精神力強化のための投資。

「お金のかからない自分磨き」なのですから、絶対にやるべきなのです。

あなたが勇気を出してボケたのに、相手に気づかれないこともあります。

これは往々にして、「この人は笑わせるタイプの人だ」という「前フリ」が弱いのです。

相手に笑う準備ができていないんですね。

この場合の前フリとは、あなたのイメージと思ってください。

たとえば、爆笑問題の大田さんがボケたときは、すぐにボケだとわかります。

普段から、ボケまくっているイメージが強いからです。

一方、渋い俳優さんがボケても、ボケだと気づくのに時間がかかります。

笑っていいものかどうか、微妙な空気になるときもあります。

こうした事態を避けるためにも、普段から、ボケるところを見せておいてください。

少しずつでもボケておけば、相手に「この人は笑わせるタイプの人だ」というイメージができあがります。

それが前フリとなって、ボケが伝わりやすくなるのです。

ボケ慣れしていない人は、1日に3回はボケてください。

これを毎日続ければ、ボケることへの抵抗がなくなっていきます。

『笑いの仕事術』

村瀬健 著

マガジンハウス