お礼を伝える時に、社交辞令の「ありがとう」だけになっていませんか?

banner02
お礼 いいため話
画像:menzine.jp

アメリカ人の知人に聞いた話ですが、彼が来日して講演をしたときのこと。

終了後に多くの日本人の聴衆が「ありがとうございました」と彼にお礼を言いにきたそうです。

でも「具体的な感想は何一つもらえなくて、驚いた」と気落ちしていました。

話のどこが面白かったのか、どのように心に響いたのか、どんな感想を抱いたのか。

アメリカ人なら、必ず「自分のことば」で具体的に語ってくれるのだそうです。

日本人の多くは、儀礼として「自分の感想より何より、とりあえずきちんとお礼を言わなければ」という姿勢があるのかもしれません。

そのマナー意識の高さは、世界に誇れる素晴らしいことです。

でもあなたが逆の立場ならどうですか?

講演を聞いてくれた人から、できれば具体的に詳しい感想を聞いてみたいと思いませんか。

社交辞令としての「ありがとう」だけでは、なんだか物足りないことでしょう。

「自分の感じたことを素直に、具体的に相手に伝えるなんて恥ずかしい」という気持ちが先に立つのかもしれません。

ですが、その気持ちのハードルは頑張って乗り越えなければなりません。

恥ずかしさを感じにくくするためには、「小さいこと」から伝えるのがおすすめです。

たとえば仕事をしてくれた部下に対して「ありがとう。間に合って助かったよ」。

いただきものを受け取ったら「ありがとう。このお菓子、大好きなの」。

「ありがとう」の直後の「おまけのようなひと言」こそ、人の心にしみるのです。

具体的なひと言を言い添えるのに、ほんの数秒しかかかりません。

こんな「おまけの1ミリメッセージ」が飛び交う関係をいろんな人と築いてゆけたら、なんと素敵なことでしょうか。

私は、ある女性からこんな電話を受けたことがあります。

「わけあって、昨日自殺を試みようとしました。

用意していた薬を飲もうとしたその瞬間、インターホンが鳴り、宅配便が届きました。

親しい友人からの、ビスケットの贈り物でした。

そこにはカードがついており、こう書かれていました。

『あなたはこの頃、疲れているように見えます。2人で一緒に食べていたビスケットを贈ります。ゆっくりお茶でも飲んでください』。

私は、何も考えずにお茶を入れて、ビスケットを食べたのです。

おかげで、今も生きています」

たった1ミリのメッセージが、誰かの生きる力になることもあるのです。

『あなたは、あなたのままでいてください。』

鈴木秀子 著

アスコム