メモ魔になろう!?どうでもいいことばかりのメモ帳が重要?

banner02
メモする いいため話
画像:magazine.campus-web.jp

アイデアは、思いついたときに書き取らなければ消え去ってしまう。

いや、アイデアに限らない。

物みなすべて、メモがとられていないものは、存在しないも同然といえる。

こんな話がある。

メモ魔と呼ばれる部長が、ある日たまたまメモ帳を忘れてきてしまった。

そこで会社の机の上にあった紙切れに、大事なことをメモしておいたのである。

そして、それを帰るときにポケットにしまい、家でメモ帳に書き写そうとすると、たいていどうでもいいことばかりで、大事なことはほとんどなかったという。

「どうでもいいことばかり」だったのだから、普段、いかにばかばかしいことまで書いていたかがわかる。

もちろん、別に決心したわけではないが、この日から徐々に部長のメモ事項は少なくなっていった。

大事と小事の判断をし、大事なことだけをメモするようになっていったからである。

しかし、その頃から、部長の発想に精彩がなくなってきた。

たとえば、以前は会議では屈託なく陽気に発言し、沈黙しているときは出席者の様子までメモしているような愉快なオジサンだった。

話題がなくなりかけても、目の前にあるメモ帳にはいろいろなことが記されているので、「いやあ、実に面白い話がありましてね」と、すぐに座を盛り上げられる。

ところが、「大事なこと」しか書かなくなったメモ帳に載っているのは、スケジュールであり、集合場所であり、連絡先である。

こうなると、官僚的な顔つきになってくる。

ミスしたり、へまをしたりということはない、というタイプの人間になってきたのだ。

こういう変化は、周囲も敏感に感じとるもので、「この頃、部長はなんだかムッツリしているな」「初老期うつ病じゃないかしら」と噂するようになった。

そのことをある人が彼に忠告したらしく、その後、彼はメモの重要性に気づき、再び、もとのような発想の豊かな人に戻ったが、しみじみとこう言うのである。

「理性的な判断ではばかばかしいようなことでも、メモをしておくと、一週間後には、他との連想で意味をもってくることが多いんですね」

あなたも、毎日とはいわないが、周囲に一度くらいは、自分のメモをながめると、意外な「ひらめき」を得られるかもしれない。

『逆発想の心理術』

樺旦純 著

日本文芸社