助けられる側より助ける側のほうが、メンタルが強くなる

banner02
助ける女性 いいため話
画像:cc-library.net

カレー屋さんでカレーを注文して、順番を抜かされることがあります。

ここで、クレームになります。

飛行機内のクレームも、旅行代理店のクレームも、食事に関するものが一番多いのです。

直接、生存にかかわることだからです。

しかも、あとから来た人がカツカレーで、自分はすぐできるポークカレーです。

その人は、お客様側の意識になっています。

お客様意識は、他者思考です。

そういう時に、「なぜこの出来事が起こっているのか」「どのシステムに問題があるのか」と考えます。

これが、オーナー思考です。

お客様意識は、メンタルが弱くなります。

オーナー意識になると、メンタルは急に強くなります。

習いごとでも、お客様意識で行く人がいます。

グループレッスンで、「私よりあの人のほうがレッスン時間が長い」と言うのです。

その時間をはかっている間が、もったいないです。

ムダなことをする前に、一生懸命レッスンすればいいのです。

「先生がほめてくれない」と文句を言うのは、お客様意識です。

「私は客なのに」とか「お金を払っているのに」と言う人は、お客様として扱われます。

「師匠と弟子」「先生と生徒」の関係ではなくなります。

サービス側にまわることは、オーナー側にまわることです。

オーナー側にまわると、見方が変わります。

上司に対して文句を言うのは、「部下」というお客様意識です。

上司がわけのわからないことを言っていたら、自分は社長の意識に立ちます。

「自分が社長なら、この上司をこういうふうに教育するけどな」と思った時点で、上司にはイラッとしなくなります。

あらゆる場面において、たとえ自分がお客様でもオーナーの意識に立つようにします。

「お金を払っているのに」とか「オレは客だぞ」と叫んでいる人が、一番メンタルの弱い人です。

サービスサイドにまわることで、メンタルが強くなります。

助けられる側より助ける側のほうが、メンタルが強くなるのです。

『嫌いな自分は、捨てなくていい。』

中谷彰宏 著

Gakken