ブスのマーケティング戦略

ブスマーケティング

この本はブスの自虐エッセイではない。

れっきとした実用書である。

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスであるわたくし田村麻美が、これまでの人生で学んだ戦略を、具体的な行動提案として記したものだ。

この戦略の目的はふたつ。

1. ブスの幸せな結婚

2. ブスの経済的な自立

本書を読んで、行動しさえすれば、幸せな結婚と経済的自立がかなう。

書いていくうちに、自分がこれまでやってきた戦略が、マーケティング理論にのっとったものであることに気がついた。

結婚したい。

年収1000万円になりたい。

起業して成功したい。

そんな願いをかなえるためには、自分自身の本質を見きわめ(プロダクト解析)、自分のいまいる場所(市場)と、ライバルの特性(競合)を精査しなければならない。

経営的な視点から、マーケティングの論法を駆使して行動することで、夢のまた夢だと思っていたことが現実になる。

経験的にそうなっているのだ。

小学校時代に、「自分がブスである」と気がついた。

そのときから闘いがはじまった。

明るいブスであったが、度重なるトライ&エラーによる傷つきで、道に倒れた夜もあった。

本書を通じて、とにかく「行動してほしい!」と呼びかけているが、行動に勇気と覚悟がともなうことは重々承知している。

それでも行動してほしい。

行動して失敗しまくって成功してほしいのだ。

本書が、行動できないブスのみなさんと、劣化がはじまって焦っている美人のみなさんの役に立てば、こんなにうれしいことはない。

《足立区・北千住の税理士、田村麻美》

『ブスのマーケティング戦略』文響社