愛される人になる


うれしい思い出を人にたくさん提供できる自分って、スゴくいいもんです。

そんな自分の人生って、最高だよ。

だから、人を喜ばせて、楽しい思い出のプレゼンターに自分はなるんだ、と。

そうやって心に決めて、やりだすとする。

すると、どんどん、どんどん楽しくなって、そのうち、「渡すタイミングをどうしようか。サプライズにしたら、どうだろう」とか考えだしたりね。

そうすると、サプライズものって、もらった人も喜ぶけど、自分も渡す前からワクワクしちゃう。

それを出したら、相手が「わぁ~、ビックリした」とかいいながら喜んでいる顔を見てると、こっちは「ヤッター」とか思って、非常にハッピー。

そんなサプライズの楽しみを、覚えるようになってきたりして。

うまく伝えられないけど、とにかく、人を喜ばすって、本当にいいもんです。

仕事においても、人を喜ばすことを考えながら仕事してるのと、そうじゃないのとでは、楽しさが、全然、違います。

社長や上司を喜ばそう、お客さんを喜ばそう、同僚も喜ばそう、って思うと、仕事がどんどん楽しくなってくるし、出世もするの。

それと、私はお店をやっている人に、よくいうんですけど。

客商売っていうのは、お客さんに「そこのお店に行くと楽しい」っていわれるような店を作んなきゃいけない。

飲食店をしてるんだとしたら、「自分のところは、おいしい料理を出して喜ばすんだ」っていうのもいいよ。けどね。

私も、日本じゅう、いろんな食べもの屋に行ってるけど、食べもの屋でマズイところって少ない。

どこの店も、味はそこそこ。

そのなかで、繁盛してないお店というのは、たいがい、楽しくないお店なんです。

だから、お客さんを楽しませなきゃなんない。

そうすると、前に話した、ステキな踊りをおどれるレストランの人じゃないけれど、誕生日やなんかのお客さんに「ちょっとしたショーをしてあげるんだ」ってなったとき、「ショーはどういうタイミングでやろうか」「音楽はどうしよう」とか。

それから、「誕生日のケーキ、ちっちゃいのでもいいから出してあげようか」

「ケーキを出す直前に、店の照明落として」とか。

そんな演出を考えていると自分も楽しくて、お客さんも喜び、そのうち、お店も繁盛してくるようになるんです。

そば屋をやってる人だったら、「ウチは手打ち専門だから」「ウチ、もりそば一本です」でもいいですよ。

もりそばの値段も、500円でも、1000円でも、なんでもいいの。

だけど、お客さんが「もりそばちょうだい」っていったとき、野菜の天ぷらでもいいから、「この天ぷら、サービスです」って出すと、サービスされたほうはドキっとするんですよ。

同じ天ぷらをサービスするのでも、メニューに「サービスで、天ぷら、ついてます」って書いちゃうと、もう、楽しくない(笑)。

メニューに「もりそば」とだけ書いてあったところへ、「これ、サービスですから。私のつくった野菜の天ぷら、食べてください」って出すと、お客さんは「えっ、ホント!」ってビックリして、「まあ~、うれしいわ」って。

人間って、そうじゃない?

自分の身に置き換えて考えると、そのほうが楽しいじゃん。

だから、自分が「楽しいなぁ~」と思うことを、人にもやってあげればいいんです。

とにかく、なんでもいいから、人が喜ぶことをやってみる。

仕事してるときも、プライベートでもそうですよ。

そしたら、いつも自分はハッピー。

「どうしたら喜ぶだろうか」って考えるだけで、もうワクワクしちゃう。

『愛される人生』KKロングセラーズ