【衝撃】総理大臣には○○な人がやるべき!?

banner02
社長 いいため話
画像:udegumi.gif

リーダーといっても、何も政界に必要なリーダーとは、特別なものではありません。

会社にしても同じことです。

社長がエゴをむき出したら、下の者はついてこない。

総理総裁にしろ、社長にしろ、リーダーに要求されるのは、“無私(むし)の人”であることだと思う。

まして総理大臣というのは、一億を越える国民の意見を聞いて、ひとつのものをまとめていかなくてはならない、役割を背負っているものです。

なおのこと無私の人でないといけません。

総理大臣にしろ、社長にしろ、自分のエゴをむき出していては出来ない仕事なんです。

その意味では、最も損な役回りですよ。

だから、本来なら誰も総理大臣にはなりたがらないはずのものなのです。

ところが、現実はその逆で、誰も彼もが総理大臣になりたがっている。

これはおかしい。

ある意味では、総理大臣とか、社長など、トップに立つ人物は、自分からトップになるべきではなく、

最もトップになりたくないと思っている人が、なるべきだといえるかも知れません。

《無私の人・土光敏夫》

引用:清貧と復興 土光敏夫100の言葉
出町 譲 著
文芸春秋