人生が変わる白州次郎100の言葉

banner02
考え方 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

【臭い物は蓋をしないで、いつか始末しなきゃならないんだから、外へ出したらいいんだ。】

臭い物=問題を見て見ぬ振りをして先送りにし、「まあまあ」で丸く収めようとする―――そういう日本的なやり方を次郎は批判する。

誰も本当のことを言わないのではまずい。

それが好ましくない事実であれ何であれ、はっきりさせることによって初めて将来や解決に繋がっていく。

プリンシプルに則って物事を考える次郎にとってみれば、当たり前のことであり、そうでなくては国際的に通用しないということもよく知っていた。

引用:白州次郎100の言葉
別冊宝島編集部 編
宝島社