横山信治 「抜群に評価される人の教科書」

感情 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

評価される人というのは、言葉を置き換えれば“魅力的な人”のことを指します。

魅力的な人になれば、最高の人脈と、最高の情報が手に入ります。

現代社会において、人脈と情報があれば、あなたの望みは自動的に叶います。

では、魅力的な人間になるには、どうすればいいのでしょうか。

これを見事に一言で表しているのが、私が尊敬する無能唱元先生の言葉、

「魅(み)は与(よ)によって生(しょう)じ、求(ぐ)によって滅(めっ)する」

この一言に尽きると思います。

与えるものは好かれ、求めるものは嫌われる、という意味です。

これが原理原則です。

ここで言う「与える」も「求める」もお金や物だけではありません。

若い頃の同期にNさんという男性がいました。

営業成績は悪くないのですが、自慢話が非常に多いのです。

新規契約を獲得した時の武勇伝を、飲み屋で30分も聞かされようものならこちら閉口してしまいます。

同期ですから、むげにはしませんでしたが、なんとなく好きになれません。

1年後輩にI君という男性がいました。

いつもニコニコ笑っていて、私達の話を実によく聴いてくれます。

ただ聞くだけではなくうなづいてくれたり、笑ってくれたりします。

I君と一緒にいると楽しくなります。

さて、NさんとI君、どちらが魅力的ですか。

当然、I君が魅力的ですよね。

理由は、I君は「与える人」であり、Nさんは「求める人」だからです。

この場合のI君は私達に「自己重要感」を与えてくれました。

一方のNさんは、私達から「自己重要感」を奪い、自分の「自己重要感」を求めたのです。

「自己重要感」という言葉は聞き慣れないかもしれません。

「自己重要感」とは、「すべての人間は自分のことを高く評価して欲しいと熱望している」ということです。

与えるとは、相手の自己重要感を高める行為です。

求めるのはその逆です。

Nさんは自分の自己重要感を高めるために、自慢話をしました。

I君は相手の自己重要感を高めるために、人の話を聴いて肯定してくれました。

魅力的な人間になるのは、このようにとてもシンプルなのです。

引用:抜群に評価される人の教科書
横山信治 著
ぱる出版