筒井寛昭 「仏様からのアドバイス」

考え方 いいため話
画像:http://dietmotivation.net/

結婚をするとこんな愚痴をこぼす女性がいます。

「料理に洗濯、掃除に買い物…。家事なんて雑用ばかり。夫や子どもにほめられるわけでも、感謝されるわけでもないし、嫌になる」

お金を稼ぐことや評価につながること、得をすることなど、目に見える成果を出すことだけが大切だと思っているから、不満が出てしまうのです。

何事も「心の持ち方」ひとつで「やらされている仕事」が「周りを幸せにする役目」に変わります。

すべての行為を意義付けることが大切です。

家事も心を込めて、家族の幸せを願って行うといろいろなことに気が付きます。

例えば、食事前にテーブルをセッティングするとしましょう。

もし、雑用だと思っていたら、テーブルにごはんとおかずを適当に並べて、箸を置いて終わりです。

これが「自分の役目は家族に喜びを与えること」だと考えていたなら違ってきます。

「より美味しそうに見えるようにランチョンマットを敷こう。色はおかずや食器に合わせてこれにしよう」

そんな気持ちで仕度をするようになると、自分も相手も気持ちよく、また、料理もワンランクアップする、などということになっていくものです。

こうした小さな思いの積み重ねが、やがてあなたの幸せになって返ってきます。

仏教に「因果応報(いんがおうほう)」という言葉があります。

ややもするとこの言葉は、悪いことをしてバチが当たるというようなイメージを抱かれがちですが、

本来の意味合いからするとそんなことはありません。

「幸せになってほしい」というあなたの優しい思いが周囲に以心伝心し、いつかあなたに返ってくるのです。

会社でもそうです。

毎日のコピー取りも、お茶くみも大事な仕事。

そう考えると、「雑用」なんてないのです。

すべての行動に心を込めながら行うことが、あなたに幸せを呼び込むのです。

引用:仏様からのアドバイス
筒井寛昭 著
ワニブックス