一つ一つの課題をクリアしていくことで、やがて大きなことに挑むチャンスが訪れる

banner02
成功 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

最初から大きなゲームはできない。

ささやかなゲームに勝てば、

次はもう少し大きなゲームに参加できる。

それにも成功したら、ゲームはさらに大きくなる。

小学校に入ったら、まず一年生から始める。

それが終わったら2年に進級し、さらに3年生になる。

これは効率の良いシステムであり、

つまるところ

「自分のレベルが上がれば、

参加できるゲームも大きくなる」

ということだ。

しかし私たちは、

この考えをふと忘れてしまうことがある。

人生はいつでも少しずつ進んでいる。

だから絶えず問いかけよう。

「いま持っているもので何ができる?」と。

「大したことはできない」と答えているあいだは、

何も変わらない。

引用:自分らしく生きているかい?
アンドリュー マシューズ著
主婦の友社