武井則夫 「選ばれる理由」

仕事 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

母の日に、仕事を終えたお母さんが帰宅して、リビングのドアを開けたら、

小学生の娘と息子がお父さんと協力し合ってカレーライスとサラダをつくってくれていたとしたら、

その瞬間にお母さんはどんな気持ちになりますか?

その日の夕食のテーブルは、どんなに楽しいものになるでしょう。

お母さんは「帰って急いで夕飯の仕度をしなければ・・・」という期待ゼロの状態から、

子供たちの手料理という「いい意味で期待を裏切られた」結果が待っていたのです。

それは嬉しかったことでしょう。

もし、お父さんがお母さんに予告していたとしたら、その嬉しさは半減してしまいます。

これがサプライズというものです。

一方、テレビや雑誌に紹介された人気のラーメン屋さんに、1時間並んでやっと入ることができたのに、

店員は横柄で無愛想、やっと口にすることができたと思えば、期待はずれの普通の味だったとしたらがっかりします。

「二度と来るものか」と思うはずです。

引用:選ばれる理由
武井則夫 著
現代書林