水野敬也 「人生はZOOっと楽しい!」

banner02
人生 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

『考える人』の彫刻で有名なオーギュスト・ロダン。

彼の人生は心が折れるような出来事の連続でした。

芸術家を目指すも、国立高等美術学校の試験には三回続けて不合格。

また、何度もサロン(展覧会)に出品したのですが一度も入選しませんでした。

40歳を過ぎた頃からやっと発注が来るようになりましたが、なかなか評価は上がりません。

後に彼の代表作となる『カレーの市民』のモニュメントには非難が集まり、トイレ脇に場所を移動されてしまったほどです。

しかし、消沈することなく進み続けたロダンは、こんな言葉を残しています。

「人は仕事をするときにはいつでも迷うものです。

自分がどこを歩いているか、確かに分かるものじゃありません。

進歩は実に遅く、実に不確かなものです。

やがて、だしぬけにそれは啓(ひら)かれます」。

早い結果を求めて焦るのではなく、自分の歩幅で進み続けましょう。

引用:人生はZOOっと楽しい!
水野敬也 著
長沼直樹 著
文響社