【必見】天才とは努力の結果!?

banner02
成功法則 いいため話
画像:http://www.taiwanembassy.org/

「はじめてバイオリンを手にしたときから、これまで何時間、練習してきましたか?」

学生はだいたい同じ時期、五歳ごろから練習をはじめていた。

最初の二、三年はみんな同じくらいで、練習は週に二、三時間。

ところが八歳くらいになると、大きな違いが見られはじめる。

トップクラスの学生たちが、他の誰よりも多く練習に励むようになるのだ。

トップクラスの学生は九歳で週に六時間。一二歳で週八時間。一四歳で週一六時間。二〇歳のころには上手になりたい一心で、強い決意を持って、優に週三〇時間以上も練習していた。

事実、そのころには、トップクラスの学生の総練習時間は、ひとりあたり一万時間に達していた。

“優れた”学生グループの場合は八〇〇〇時間。将来の音楽教師グループでは、四〇〇〇時間を少し上まわる程度だった。

プロとアマチュアのピアニストについても調べたところ、同じ傾向が見られた。

アマチュアは子どものころ、週に三時間以上は練習しなかったし、二〇歳時点の練習時間の合計は二〇〇〇時間だった。

プロの場合は、毎年、練習時間がだんだん増えていき、二〇歳のころにはバイオリニストと同じく、合計が一万時間に達していた。

ここで注目すべきなのは、“生まれつきの天才”を見つけられなかったことだ。

引用:「天才! 成功する人々の法則」
マルコム・グラッドウェル 著
勝間和代 訳
講談社