オグ・マンディーノ 世界最強の商人

成功 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

私は、成功するまで頑張りつづける。

私の毎日の努力とは、あたかも堅い樫の大木に加えられた、斧の一撃のようなものである。

最初に、斧が打ち込まれても、木は微動だにしない。

二度、三度とくり返されても同様である。

それぞれの一撃は無意味であり、何の効果も生じないように見える。

しかし、子供じみたこの一撃も、それがくり返されることにより、樫の木は、ついに倒れるのである。

今日の私の努力は、まさにこれである。

私は、山をも流し去る一粒の雨である。

虎を食いつくす蟻である。

大地を照らす星である。

ピラミッドを築く奴隷である。

私は、レンガを一個ずつ積みあげていって、巨大な城を建てようとする者である。

なぜなら、私は、ほんの小さな試みも、それがくり返されることによって、いかに困難な仕事も成しとげられることを知っているからである。

引用:世界最強の商人
オグ・マンディーノ 著
日本経営合理化協会出版局