斎藤一人「この世の中には、三種類の人しかいない」

いいため話 親子
画像:http://free-photos.gatag.net/

この世の中には、三種類の人しかいないんだよ。

ひとつは向上心を持って、喜んで仕事をする人。

お客さんにもっと喜んでもらいたいとか、もっとみんなを幸せにしたいとか、そういう気持ちで常に工夫したり、行動したりする人を、向上心があるっていうんだよ。

次ぎにね、『このままだとお店がつぶれちゃうから、仕事しようかな』っていう気持ちで仕事をする人がいるの。

この人は“恐怖”を元にして動いているよね。

神は“恐怖”で動く人がキライなの。

だから、神さまは絶対この人の味方はしないから、この人は自分の努力だけで仕事をしていくことになるんだよ。

最後に、『このままだとお店がつぶれちゃうけど、それでもやる気がでない』っていう人がいるよね。

切羽詰っているのに、それでもやろうとしない人。

お客さんが来ないのに、『この味を守らなきゃ』とか言って、改良しない人。

そういう人に、神は『退場』をくれるの。

そうすると、いつのまにか店がなくなっていたりするんだよ。

ちなみに改良するのに、お金はいらないんだよ。

仕事がヘタな人ほど、お客さんが来ないと『内装を変えなきゃいけない』とかお金をかけようとするけれど…

お客さんに笑顔で接するとか、返事を良くするとか、料理の味を良くするとか、お金をかけないでできることっていっぱいあるんだよ。

お勤めしている人は、『いつもブスッとしている』とか、『返事が悪くて頼みづらい』とか、そういう態度をとっていると、その会社から退場をもらうことがあるよね。

そういう人って、自分の態度を改めない限り、他の会社に行っても退場が待っているんだよ。

『この会社に、徳をさせよう!』と向上心を持って働けば、会社にとってなくてはならない人間になるよね。

退場と言っても、それは神の愛なんだよ。

だって、その人は退場をもらわないかぎり、自分の思いや働き方を変えないよね。

だから、退場をもらって、初めて自分のことをあらいざらい見直すんだよ。

その機会を神がくれているの。

『退場』って、人生にもあるんだよ。

オレたちは魂を向上させるために生まれたのに、いつまでも向上しないで、くだらないことを言っていると、神さま『帰ってこい』って言われるんだよ。

それが『人生の退場』なの。

退場させられない前に、向上心を持って、自分からやるの。

オレたちだったら、人を幸せにするとか、健康にするとか、持って生まれた使命があるんだよ。

そいう人は、寿命が来るまで『退場』にはならないからね。

引用:『斎藤一人 誰でも成功できる押し出しの法則』KKロングセラーズ