10メートル以上の樹木はどのように水分を上げているのか?

いいため話 木
画像:http://free-photos.gatag.net

樹木は10メートル以上の高さのものも珍しくない。

しかし、どんな高い木であっても、てっぺんまで水が行きわたり青々と茂っている。

どんな秘密があるのか。

まず考えられるのは毛管現象だが、これだけでは10メートル以上上がることはできない。

では、葉が水分を蒸発させ、その力で吸い上げているのか。

しかし、葉のない季節も水は先端まで届いている。

となると最後は、根の力(根圧)ということになるだろう。

根からぺってんまでの水の通り道は導管と呼ばれ、毎年、樹皮の裏に新しくつくられる。

地中の水はまず浸透圧で根毛に入り、枝根、根、導管を通っててっぺんまで押し上げられる。

根圧というのはそれほど強い力なのである。

もちろん、毛管現象、蒸発力もそこに加わる。

引用:坪内忠太 著
『子どもにウケる楽しい雑学』新講社