【驚愕】刑務所に入れられた人たちに対して行われた、ある心理学の実験の話。

banner02
出典:http://www.duelsisters.com

小さな犯罪を犯して逮捕され、刑務所に入れられた人たちに対して行われた、ある心理学の実験があります。

当局がそうした人たちに対して実験を行うことを、心理学者たちに許可したわけですね。

彼らは受刑者たちを二つのグループに分けました。

一つのグループには、砂をある場所から別の場所へ運ぶように命じ、全ての砂を運び終わったら、彼らはその同じ砂を、元の場所へ再び戻すように言われるのです。

そして、このことを何度も繰り返すよう彼らは命じられました。

もう一方のグループの人たちは、土を運んで道路を作るように命じられました。

彼らは石や土を運び、道路を舗装したのです。

両グループは、同じ時間に同じだけの仕事をするように命じられました。

第一のグループは、とても抑鬱(よくうつ)的で病んだ状態になり、第二のグループは、とても幸福でエネルギッシュな状態になった。

彼らは同量の仕事を行っていて、ただ土と砂と石を、一つの場所から別の場所に運んでいたという点については、同じであったにもかかわらずです。

なぜこんなことが起こったのでしょう?

そこに本当の満足があったから―――

つまり第二のグループは、意味があって有益なことを行っていたからです。

彼らは、自分たちが人々のためになることをやっていると感じていた。

彼らは道路を作っていました。

そのことが、彼らにとってはとても嬉しく感じられていて、疲れの程度は第一のグループと同じであっても、精神的には、彼らは疲れを感じることがありませんでした。

抑鬱的になることがなかったのです。

引用:「ゆるす」
ウ・ジョーティカ 著
魚川祐司 訳 新潮社