ほとんどが負けの連続

画像:https://publicdomainq.net

競争社会では、ほとんどの人が負けの連続である。

常勝できる人間は、ほんの一握り。

たとえば、

テニスのウィンブルドンの男子シングルスで、

負けることなく会場をあとにできるのは、

たった1人のプレーヤーだけ。

残りの127人遅かれ、早かれ、

負けて会場を去る運命にある。

負けることより勝つことが多かったら、

人生なんて面白くない。

チャンピオンが一人しかいないから、

頑張ろうという気になるのである。

~~~

出典

[ガーフィールド博士の最高の自分を引き出す方法]

児玉 光雄 著

河出書房新社 より