世界中の人々を自己変革に促した

改革 いいため話
画像:https://publicdomainq.net/

現代社会には悪しき風潮が蔓延している。

私たちはそれを認識し、自分が少しでもあてはまるなら謙虚に反省して、それにかわる3つの新しい価値観を確立しなければならない。

1. 言い訳や責任転嫁ではなく自己責任

間違った選択をしたら、その結果は自分で責任をとろう。

言い訳をしたり人のせいにしたりしているかぎり、決して成功しないし、幸せにもなれない。

私たちは自分の人生の主導権を握っている。

自己責任を受け入れるとポジティブな変化を起こすことができる。

それに対し人のせいにしているかぎり、進歩せずに現状にとどまる。

2. 対決の姿勢ではなく寛容な精神

人と意見が合わなくても、うまくやっていくことができる。

ところが多くの場合、意見が分かれると口論になりやすい。

私たちは自分と異なる意見に対して寛容な精神で接するべきだ。

多くの場合、真理は双方の意見の中間にあることを覚えておこう。

3. ネガティブな意識でなくポジティブな意識

メディアの情報の何割がポジティブだろうか?

せいぜい1割くらいだろう。

だが、それはメディアのせいではない。

人びとがネガティブな情報を求めるのをやめれば、メディアはそれを提供するのをやめる。

メディアのネガティブな報道に関係なく、私たちはポジティブなニュースキャスターになる必要がある。

自分が持っていないものについて不平を言うのではなく、自分が持っているものに感謝しよう。

他の人の欠点を批判するのではなく、その人の長所を称賛しよう。

以上の3つの新しい価値観を確立すれば、仕事と人生で成功をおさめ、有意義な人生を送るための基礎が出来上がる。

『世界中の人々を自己変革に促した』ディスカヴァー