ビジネスモデルの大転換

banner02
男 いいため話
画像:https://publicdomainq.net

いま、世界のビジネスモデルは大転換しようとしている。

これに伴って、組織のあり方や人々の働き方も大きく変わる。

そうした変化を先導できる国や企業や個人が発展し、変化に対応できない国、企業、個人が遅れを取り、衰退する。

大航海時代から産業革命を経て、現在にいたる長い歴史の流れをみる。

いまどき「大航海時代を振り返る」などと言うと、「なんたる時代錯誤」と思われるかもしれない。

確かに、これは500年も前のことだ。

しかし、世界は、その時と同じような大変化を迎えようとしている。

それは、一言でいえば、産業革命以前の独立自営業の世界への「先祖がえり」だ。

産業革命以降続いてきた流れが、いま大きく転換しようとしているのである。

産業革命以降のビジネスモデルの基本は、さまざまな工程を1つの企業の中に統合し、組織を大規模化することによって、効率化を図ろうとするものだった。

しかし、1990年代以降、新興国の工業化や情報・通信技術の進歩によって、この基本が変わりつつある。

新しい経済において重要なのは、大組織の中で決まりきったことを効率的に実行することではなく、まったく新しいビジネスのフロンティアを見出すことだ。

それに成功するかどうかが、これからの企業や個人のあり方に大きな影響を与える。

「産業革命によって垂直統合化・集権化・組織化が進展したが、新しい経済の最先端は、それ以前の時代の分権的ビジネスモデルへと先祖がえりしつつある」ということになる。

ただし、「大組織か、小組織か」ということについての先祖がえりは、まだ現実には生じていない。

現在の社会において大組織がいまだに支配的であることは、否定できない。

だが、経済活動の中心が産業革命前のような小組織や個人に移る萌芽(ほうが)はすでに見られる。

人々の働き方においても、フリーランサーが増えつつある。

『「産業革命以前」の未来へ』NHK出版新書