小さなことに時間をかける

banner02
小さな いいため話
画像:https://publicdomainq.net

どんな小さなことにも、必要なだけの時間をかける。

急ぎ足の人生は願いさげだ。

私たちが「充分な時間がない」と思いこんでいる限り、

時間が足りるなんてことはない。

だからエレベーターに駆け込み、電車に駆け込み、

電話の合間にあわただしく昼食をすませる。

何をするときでも、自分にこう言いきかせよう。

「この手紙を書いているあいだは、

(このシャツにアイロンをかけているあいだは、このダンベルをもちあげるあいだは)、

いまやっていることに集中しよう。

どうせかかる時間は大して変わらない。

急ぐなんてごめんだ」

~~~

出典

[自分らしく生きてるかい?]

アンドリュー マシューズ 著

主婦の友社より