リッツ・カールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣

言葉 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

それはリッツ・カールトン東京の開業準備で、忙しく都内を動き回っていたある日のことです。

六本木駅に地下鉄が止まると、すらりとした、髪の毛の長い女性が乗り込んできました。

仕事柄、多くの人たちを見てきていますから、姿勢や歩き方、お化粧などから、ひと目でモデルさんだなとわかりました。

混んでいる車内で、ちょうど私と並ぶかたちで優先席の前の吊り革につかまりました。

地下鉄が走りだしてしばらくすると、その彼女が腰をかがめて、前の席に座っている年配の女性の耳元でなにやら囁(ささや)いたのです。

おや、知り合いに気がついたのかな、などと想像して見ていたのですが、どうも様子が違うのです。

その年配の女性は、はっとした表情で、片手で膝の上の荷物を押さえながら、もう一方の手でブラウスの前に手をかけました。

そこでようやく私も気がつきました。

女性のブラウスのボタンがいくつか外れていて、上から見ると下着が見えてしまっていたのです。

それをそっと伝えたのでしょう。

懸命にボタンをかけようとするのですが、なかながとめることができません。

どうやら手が少し不自由だったのですね。

なんだかこちらまで焦ってきます。

とその時、その女性が再びかがみこんで、小さな声で「お手伝いさせてくださいね」と囁き、にっこりと微笑みながら、あっという間にブラウスのボタンを、鮮やかな手つきでとめてしまったのです。

あまりに意外なことに、あっけにとられていた女性。

でもその顔にはすぐに笑顔が浮かびました。

親切が本当に嬉しかったのでしょうね。

「参った!」。

思わず私は心の中で拍手をしていました。

さすがは早変わりや着替えに慣れているモデルさん。

それにしてもなんという自然体でしょうか。

次の駅で、会釈をして颯爽(さっそう)と降りていく彼女の背中に向かって、年配の女性は何度も何度も頭を下げていらっしゃいました。

混みあった東京の地下鉄の車内。

まるで無縁社会や孤独社会をそのまま表しているような、無機質ないつもの通勤時間帯。

でもその時、その一角だけは、確かにあたたかな空気に包まれていたような気がしたものです。

人は誰だって、社会の役に立ちたい、人のためになることをしたいと思っているものです。

「人の気持ちを考えて行動する」という感性、そのためのアンテナとレーダーの感度が、少し弱くなったかなと感じられたら、一度立ち止まって磨き直してみてはいかがでしょうか。

そのためのヒントは仕事の中にたくさんあります。

おおよそプロと呼ばれるような方は、アンテナとレーダーを磨き続けている方が多いように思います。

日々習慣づけて磨くことで、あなたも大きな飛躍を遂げることでしょう。

あのアブラハム・リンカーンもこう言っています。

「もし木を切り倒すのに6時間を与えられたとしたら、私は最初の4時間を、斧を研くのに費やすだろう」

『リッツ・カールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣』日本実業出版社