自分の天職はなんでしょうか

使命 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私は、「天職」についてよく質問されます。

「自分の天職はなんでしょうか」と。

天職なんてないのです。

答えが早いでしょう(笑)。

天職などありません。

目の前のことを一生懸命やっていると、それが天職になるのです。

この前は、ある男性からこんな質問を受けました。

「私、会社を辞めたいんです」

「ああ、辞めたほうがいいよ。で、次に行くとこは?」

「まだ決まっていません」

そう言うので、私はこう答えました。

「じゃあ、あと3か月だけいなさい。

で、あと3か月、そこで一生懸命やんなさい。

あなた、その職場をもう嫌いになっているんだろうけど、でも、きっと社長もあなたのこと嫌いになっているから。

3ヶ月一生懸命やって、惜しまれて辞めなさい」

人生でいちばんいけないのは、「あいつを使って損した」「あいつに会って損した」「この本読んで損した」と、相手に損したと思われること。

必ず自分を使って得をしたと思わせないといけない。

そのためには、「はい」と大きな声で返事をするとか、残業を頼まれたならば頼まれた以上の仕事をするとか、どんな小さなことでもしたほうがいいよ。

会社を辞めるにしても、その会社に得をさせたと思われてから辞めないといけない。

損をさせたまま逃げるように辞めてはいけないよ(笑)。

先の私に質問をした男性に3ヶ月後に会いました。

この3ヶ月間は一生懸命に仕事をしたみたいでした。すると、

「会社が自分をすごく大事にしてくれるようになりました。とてもいい職場です」

と言うのです(笑)。

世の中とは、そういうふうにできているのです。

『普通はつらいよ』マキノ出版