【萩本欽一】次の世界に進む時の合図とは??

banner02
画像:http://www.tv-tokyo.co.jp/

実はぼく、コント55号の活動を休止したとき、アメリカに行っちゃおうと思ったことがあるんです。

ひとりでなにをしたらいいかわからなくなって、舞台も映画も優れてるアメリカでいちからやり直そうと思って。

それで井原(元日本テレビ第一制作局長)さんのとこに飛んでいって、

「ぼく、アメリカに行きたいんです」って言ったら、

「アメリカから呼ばれてんの?」って聞かれたので、

「いや、呼ばれてないけど、向こうに行ってチャップリンみたいになりたいんです」って言ったの。

そしたら井原さんにこう言われちゃった。

「アメリカって、世界の優れ者を呼んでいる国だから、呼ばれもしないのに行くと苦労しますよ。

欽ちゃん、まだ呼ばれてないんだったら、日本にいて自分でテレビ番組をつくったほうがいい。

どんどんつくったほうがいい。

それが優れてれば、アメリカから呼びにくるから」って。

僕はこれを聞いたとき、よし、アメリカから呼ばれるコメディアンになろうと思って、自分の番組をつくり始めたんです。

番組のセットを日本間にしたのも、そのほうがアメリカ人には珍しいから受けるかなと思って。

引用:小林信彦 著
「萩本欣一 ふたりの笑タイム」集英社