買う理由は雰囲気が9割

スマホ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

これまで時代を大きく動かしてきたのはマスメディアです。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌を経由して、マス広告という形で世間にはモノやサービスの情報がもたらされていきました。

たとえば、この本を大々的に売りたいなら、ほんのつい最近まではマス広告をどかんと打てばよかったわけです。

『福田晃一の最新刊 多方面から大絶賛! あなたのビジネスを劇的に変える 必読の1冊!』

などと派手に広告することで、「この本はすごいらしいぞ!」とみなが手に取ってくれました。

しかし今は、マス広告に対する消費者の反応が大きく変わりました。

「福田とやらの本、最近CMをバンバン打ってるけど、都合のいいことだけ言っているんじゃないのか?」

「最近よくテレビで取り上げられているけれど、どうせ仕込みじゃないのか?」

などと、世間が広告やメディア情報を信用しなくなってきているのです。

インターネットやソーシャルメディアの普及によって、広告の効果も、そのあり方もがらりと変わってしまいました。

マスメディアの情報でなく、人々が自分で「正しい」と思う情報だけを選ぶようになったのです。

ニュースだけでなく、美味しいレストランやおしゃれなカフェ、ファッションやコスメ、本や音楽、映画などについても、口コミやレビュー、評価の☆の数を見て店を選んだり、商品の購入を決めています。

残念ながら「この商品は素晴らしい」とか、「感動の大作」などといった言葉に人々は踊らされません。

むしろ一般人のリアルな口コミこそが、人々の「買うか買わないか」の決め手になっているのです。

インターネットやソーシャルメディアに慣れ親しんだ若年層ほど、その傾向は強くなります。

若者向けの商品やサービスを展開しているベンチャー企業などが、一気に台頭するのは、このソーシャルメディア時代の波をうまく捉え、流れに乗っているからでしょう。

簡潔に言ってしまえば、今、モノが売れるか否かの決め手となるのは「誰かの声」なのです。

ただし、誰でもいいわけではありません。

自分の知っている人、自分の信頼している人たちが話題にしていることに人々は大きく影響されます。

ソーシャルメディア上での身近な知り合いからの口コミ情報を何よりも信用します。

この口コミ情報をどのように活用するかが、今、商品が「売れる」「売れない」の分岐点になっているのです。

『買う理由は雰囲気が9割』あさ出版