人生という名の学校

学校 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

あなたは人生という名の学校に入っています。

この学校には休みがなく、生涯にわたって毎日なんらかの授業を受けつづけなければなりません。

嫌いな授業もあるかもしれませんが、どんな授業でも受けなければならないのです。

カリキュラムは多種多様です。

仕事、家庭、恋愛、友情、金銭、道徳、健康、趣味などなど。

人はみな、ありとあらゆる授業を受けて成長していかなければなりません。

どの授業にも教訓があり、あなたはそれを謙虚な姿勢で学ぶ必要があります。

それを拒みつづけるかぎり、その授業は形式を変えて何度もおこなわれます。

いわば人生の「補習授業」です。

教訓を学ばない代償はたいへん大きく、場合によってはかなり手痛い損失をこうむります。

しかし、いったん教訓を学んで肝に銘じるなら、なんらかの形で大きな報酬が得られ、豊かな人生を送ることができます。

人生という名の学校では、そこに登場する人たちはみな、教師です。

仕事では上司や同僚、部下、お客などがそうですし、私生活では親や配偶者、子ども、兄弟、親戚、友人、知人、恋人などがそうです。

また、乗り物で隣に座る人や街中で道を教えてくれる人などもそうです。

つまり、どの人も、あなたになんらかの教訓を与えてくれる大切な存在なのです。

見本を示してくれる模範的な教師もいれば、反面教師もいることでしょう。

しかし、あなたはどの人からも教訓を学ぶという謙虚な姿勢を持つ必要があります。

それが人生の達人になる秘訣です。

『夢をかなえる習慣』ディスカヴァー