斎藤一人「人を導くときに意識していること」

banner02
運動 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

信長 人を導くときに意識していることってありますか?

一人 あるとしたら、愛だよね。

信長 愛なんですね。

一人 そこに愛があるのならね、相手はよくなるんだ。

それが、日本人らしさの愛としての“アイ”ね。

でも、英語の“アイ”は“ I ”だから、自分のことを意味するんだよね。

まずは、自分ありきということ。

でも、だからといって、日本人の愛は自分を犠牲にすればいいという意味でもないんだよ。

やっぱり、自分のことは大切。だって、人にばかりご飯を食べさせてあげて、自分は食べなかったら三日と持たないでしょ。

だから、人に尽くすばかりだと長続きしない。

でも、もし、本当に人のためになることをやっているのだとしたら、それはきっと、自分にもプラスになっているはずなんだ。

(中略)

さらには、それが無償の愛のもとで行われるものなら、与えた方の側ももっと戻りは大きいんだよ。

たとえば、木霊(こだま)ってわかるかい?“おーぃ”って山に向かって叫ぶと、音があたりに反響して、叫んだときよりも大きな響きで“おーぃ”という木霊になって返ってくるよね。

だから、もし、何か叫んだつもりでも、木霊が返ってこないのなら、最初から声は出していなかったというわけだよ。

つまり、何かを差し出したつもりでも、実は、そうではなかったり、あと、その人には役に立っていないことだったりするんだ。

_______

斎藤一人 魂力

信長 著

信長出版