苦さの味を知らぬものは 甘さもわからない

仕事 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

苦さを知ってこそ、甘みもよくわかる【苦さの味を知らぬものは 甘さもわからない】(ドイツのことわざ)

このことわざの意味するところは、人生の苦しみを経験したことのない者に、人生の本当のよさはわからないということである。

または、人生の悲しみや苦しさを知った者でないと、他人のよさも見分けがつくものではないということであろう。

「涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない」という言葉もあるが、これも同じような意味である。

無理してつらい目にあったり、悲しいことを経験する必要はないものの、生きていくうえで人は必ずつらい目や悲しい目にあう。

感受性豊かな人は、この経験をもとにして、その先の人生に生かしていくのである。

そうすることで、その人の人生は一味も二味もよくなっていく。

他人からしても、そんな人にこそ頼りたくなる。

何の苦労も、苦い経験もない人は、恐くて頼れるものではない。

だから、つらいことにあっても、これは自分のためになる経験だと自分を励ましたいものである。

_______

世界のことわざ100

遠越 段 著

総合法令出版