遊びのへたな人間は好かれない

banner02
遊び いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

私も、酒はふんいきで飲むほうだ。

うれしいときや、憂いを払いたくなるとき、と条件はいろいろだが、好きじゃないけど飲みたくなるのである。

酒に飲まれちゃうようなお酒飲みは嫌いだし、軽べつする。

芸者を呼んで、彼女らが踊りや歌で座敷をつとめているのに、ほどよく注目してやれない人も私の友人ではない。

遊びにいくのはモテにいくことだと私は信じている。

縄のれんや、煮干しをかじって立ち飲みする酒屋の店さきにいくのだって、どこかしらモテるためにいくのである。

「ああ、よくモテたな。今夜も楽しかった」という満足があれば、仕事にもまた精が出るというものである。

私の人生は仕事で明け暮れはしたが、遊ぶのもまことによく遊んでいる。

芸者の踊りや歌などに対して、私はなるべくきちんとした態度で注目する。

彼女たちはそれを心から喜ぶのである。

これは、私のささやかな人生哲学たる、相手の身になることの初歩なのだ。

金を出すのはオレだというので相手を無視したところで、そこに何の楽しさがあるだろうか。

遊びというのは、大切なものである。

遊びのへたな人間は好かれないし、商売もできない。

またとない時間を、その場にいる人たちとみんなで、より楽しく、よりほがらかに、共感の笑いとともに過ごさずして、何の遊びだろう。

私はずっとそう思って遊びをしてきた。

『やりたいことをやれ』PHP