商売の成功の仕方を見つけるのが下手な人

banner02
商売 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

しあわせを見つけるのがヘタな人は、商売の成功の仕方を見つけるのもヘタです。

うまくいってない人って、しあわせも成功も、「見つけるもの」だと思ってないの。

「与えられる」か「偶然入ってくる」ものだと思っているんです。

チャンスも「来るもの」だと思っていて、「見つけるもの」だと思っていません。

ようは、日ごろから“見つけグセ”がないんだよ。

「ご飯が食べられてしあわせ」とか「仕事ができてしあわせ」とか、しあわせを探すクセが日頃からあるかどうかなんです。

ちょっと自分にイヤなことがあっただけで「最悪だ!」って言っている人生と、「今日も朝起きられてしあわせ」って言う人生では違います。

「しあわせのタネ」を見つけられる人って、「商売のタネ」を見つけるのも上手です。

しあわせな人って、いいところを見つけるのが上手なんだよね。

そういう人が「売れているお店・人気のお店」に行ったら、その店のいいところをたくさん見つけます。

そしてその中で、自分でマネできることをするんです。

逆に不幸な人って、悪いところを見つけるのが上手なんです。

「売れているお店・人気のお店」に行っても「あそこがダメだ」「ここがなってない」とか言って、いちいち“重箱の隅をつつく”ようなことをするんです。

人を雇うのでも、しあわせな人は、その人のいいところを見つけて、そこをほめて伸ばそうとします。

でもうまくいってない人って、悪いところを見つけてはそこを指摘して、直させようとするんだよね。

「仕事の成功論」と「心のしあわせ論」は同じなんです。

《毎日の生活の中で「しあわせのタネ」を探してごらん。じつは毎日、たくさんのタネをいただけていることに気づくから》

『大丈夫だよ、すべてはうまくいっているからね。』サンマーク出版