「やる気ホルモン」が分泌

運 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

《ユーモアで人を笑わせると「やる気ホルモン」が分泌される》

これまで私がブレることなく「やる気モード」を持続させることができたのは、いついかなる場所、どんなときであっても、周囲の人たちを笑わせてきたからに他ならない。

とにかく大優先で、目の前の相手を楽しい気分にさせるサービス精神のもと、常にその場を盛り上げるエンターティナーを演じてきた。

よって、上司や部下、お客様や取引先、友人や知人など、周囲からの私への評価は、「おもしろい人」「話術が巧みな人」「パワフルな人」である。

ただ、意外に思われるかもしれないが、幼少期の私への評価は、「控え目な子」「真面目な子」「無口な子」であった。

だから、ユーモアのセンスや卓越したトークスキルというのは、決して天賦の才ではない。

思春期から現在に至るまで、私は意識的に努力してお笑い芸を磨き、自己改革を続けてきたのだ。

なぜなら、人を楽しませる行為こそが、自らの「やる気ホルモン」を活性化させる最も効果的な手段であることに気づいたからだ。

明るく元気になったその相手から、お返しとして、さらなる「やる気」パワーをもらってきたのである。

それはもう計り知れないほど、モチベーションアップへの相乗効果は絶大であった。

みんなでお互いを明るく楽しませ合い、笑って過ごすことができれば、知らず識らずのうちに、仲間が増え、ますます「やる気」があふれて止まらなくなる。

それこそ笑いが止まらない話ではないだろうか。

自分の力だけで成功したなどと豪語している輩は、驕(おご)り以外の何ものでもない。

やはり人生は、どれだけ人に支援してもらえるかが成功の鍵を握っているのだ。

あなたの笑わせる行為こそが、あなたの応援団をより強力な味方にしていく。

より確かなのは、私が人を笑わせれば笑わせるほど、成功に次ぐ成功が訪れたという事実だ。

周囲を楽しませてきたおかげで、私はあらゆる営業コンテストに次々と入賞し、物凄いスピードで昇給・昇格を果たすことができた。

大笑いしながら人生のステージが上がっていったのだ。

そうして、その芸の道が、私の最も大切な仕事となっていったのである。

ではここであなたへ、ケンタッキー・フライド・チキンの創業者、カーネル・サンダースの名言を贈りたい。

《他の人に一生懸命サービスする人が、最も利益を得る人物である》

もちろんサービス精神とは笑わせることだけに限らないが、どうせ一生懸命サービスするなら、楽しいほうが喜んでもらえるではないか。

「楽しいんでほしい」という、おもてなしのサービス精神なくして、自らが利益を得ることはあり得ない。

それが大原則だ。

「自分だけ楽しければよい」ではなく、常に「他人をどれだけ楽しませるか」ということに気を配っておくことである。

世界中の成功者たちを思い出してほしい。

彼らのほとんどはウイットにとんだユーモアに長け、いつもジョークを飛ばしている。

余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)のスマートな佇(たたず)まいで、周囲の人々を笑いの花束で包んでくれる。

『やる気があふれて、止まらない』きずな出版