がんばっているのに、報われない

banner02
報われない いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

一日を振り返ったときに、「がんばっているのに、報われないな」と感じる日があるかもしれません。

しかし、それがふつうです。すべてのことは「労して功なし」なのです。何をするときにもです。

もちろん、「労して功なし」だから、いいかげんに手を抜くということではありません。

そもそも、何も求めないということです。

見返りや感謝を求めるのではなく、ただその瞬間、その瞬間で、自分のやるべきことだけを無心にやる。それに集中するということです。

その気持ちこそが、仏教や禅の考え方の前提です。

坐禅も修行も、やっていることは「自分をはがしていく」ことです。

言葉にすると簡単ですが、並大抵のことではありません。

はがしてもはがしても、同時にどんどん新しく、余分なものがついてくるからです。

余分なもの、つまり「功」を求める気持ちは、毎日毎日、次から次へとついてきます。

それをはがして、はがして、はがして、はがしてと繰り返すのです。

すると結局、玉ねぎの皮をむくように、最後は何もないところに行き着く。

その「あ、何もなかった」というところを目指すのが、坐禅であり、修行なのです。

_______

こころが調う 朝・昼・夜の習慣

平井正修 著

ディスカヴァー