「送りバント」の心遣い

banner02
野球 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

かつて阪神タイガースの監督をしていた吉田義男さんが、阪神の監督を退任後、フランスに渡って、フランスのナショナルチームを七年間指導されたことがありました。

吉田さんが任期を終えて帰国なさった時に、「フランス人に野球を教える上で何が一番難しかったですか」という質問を受けて、彼は意外にも「送りバント」と答えています。

「送りバントを教えるのに三年かかりました」とおっしゃったのですが、送りバントが技術的に難しいわけではないと思うのです。

フランス人は、「自分がアウトになるのがわかっていて、なぜバントをするのですか?」と訊いてくる。

つまり、「自分はアウトになるけれども、走者を生かす」という、送りバントの発想を持つことができないのですね。

「送りバント」という発想の根底には、日本人独特の死生観があるのではないでしょうか。

西洋の権力者が不老不死の薬を求めたという話を、私は何度か聞いたことがありますが、日本人が不老不死の薬を求めたという話は、聞いたことがありません。

人間であれば、誰もが「永遠」に憧れるものだと思いますが、その「永遠」の概念が、西洋と日本とでは違うのです。

目に見える肉体を長く保つことで、「永遠」を手に入れようとした西洋人。

それに対し、日本人は、「肉体には限りがある。でも、自分の思いを受け継いでくれる人がいたら、自分の命は永遠である」と信じてきたのではないでしょうか。

だから日本人は、自分は死んでも周りの人を生かすことによって、永遠の命を得ると考え、そういう生き方を大切にしてきたように感じます。

_______

幸せの神様に愛される生き方

白駒妃登美 著

育鵬社