環境のせいにする暇があるなら、環境を変える力を磨け

banner02
磨く いいため話
画像:http://publicdomainq.net

「こんな会社じゃ、こんな仕事じゃ自分の力を発揮できない。環境が悪い!」

そう愚痴りたくなる気持ちもわかる。

興味のない仕事、ダメな上司、力が発揮しにくい環境、不満は山ほどある。

基本的に環境は悪いのだ。

はっきり言おう。

「どれだけ環境のせいにしても、自分の実力は変わらない」ということ。

残念ながら、仕事がうまくいかないのを環境のせいにするというのは、ただの愚痴でしかない。

大事なのは、環境に屈せず、環境を変えていく力。

理想の環境にしていく、理想の環境に近づけていく力だ。

そもそも理想の環境でしか発揮できない力なんて、知れていると思う。

環境が悪くて実力が出せないというのなら、それは自分の実力が、環境を変えるに至らなかったことでしかない。

理想の環境とは、与えられるものではなく、自ら掴み取っていくものだ。

_______

己を奮い立たせる言葉。

岸 勇希 著

幻冬舎