斎藤一人「なにやっても不安な人」

banner02
不安 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

誰がなんと言おうと、明らかに世の中はよくなっています。

松下幸之助さんの話ではありませんが、宇宙はちゃんと生成発展している。

たとえば今より少し前、江戸時代のことをちょっと考えてみましょう。

江戸時代は将軍様の家にだって、扇風機なんかありませんでした。

冷蔵庫もなかった。

その時代から少しずつよくなってきて、今はどの家にも冷蔵庫があります。

扇風機どころかクーラーだってあります。

いつの間にか、私たちは将軍様よりいい暮らしが送れるようになっているんです。

江戸時代に生まれなくてよかったですね。

この世の中にはどんなにいいことを並べられても、不安に思ってしまう不安症の人がいるんですね。

つまり、「世の中はどんどんダメになっていく」と考えるタイプの人間です。

そういう人はつねに不安に思うから、足がすくんで動けなくなってしまう。

動けないと行動ができないから、運が回ってこない。

そして不安に思うから不安な生活がきちゃうんです。

行動しないということ自体が、自分の未来を閉ざしてしまう。

だからもし、自分が不安症の人間だと思ったら、

「自分が考えている悪いことは、本当は50分の1くらいしか起きないんだ」

と思うようにしたらいいんです。

要するに「50倍にふくらませて感じているのだ」と自分に言い聞かせる。

そのことを意識するようになると、過剰反応している自分がだんだんバカらしくなってきて、そのうち不安に感じるのをやめるようになります。

本当は人生に困ったことは起きないんです。

だって自分の人生は自分の責任で決めているんだから、自分でも処理できないような困ったことなんて起こるはずがない。

世の中は生成発展するようにできているんです。

その流れに素直に乗っていればいい。

今の世の中は江戸時代には戻りません。

生成発展しているんですから。

100年前はもっとひどかった。

200年前はそれよりもっとひどかった。

時代は戻りません。

世の中はよくなるようにできているんです。

「よくなる」と思い込んでいれば、別の何の問題も起きません。

「よくなる」と思っているから、よくなるように生きるし、よくなる道も見えてきます。

でも「よくならない」と思っている人は、「よくならなかったらどうしよう」と思うので、足がすくんで行動できません。

行動できないから、変われない。

変われないから、運勢が悪くなる。

「よくなる」前提で生きるのか、「よくならない」前提で動くのか。

決定的な違いですね。

もちろんこれからだって、地震はくるし、台風も襲います。

だけど、昔は地震がきても放っておかれた。

今は仮設住宅をつくってくれます。

年金が安いと言ったって、昔は年金なんてなかった。

ほら、やっぱりよくなっているでしょう?

「このまま行くと、ダメになっちゃう」じゃなくて、「もっとよくなる」なんです。

それを信じるか信じないかだけ。

『人生の哲学』PHP研究所