仕事はおもしろい

banner02
ガッツ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

人の魅力って、その人が限界を超えたときに出てくるんです。

しゃべるのが苦手な人が一生懸命しゃべってると、人に大きな感動を与えるものなんです。

だから、「私は話が下手だからダメ」じゃない。

一番ダメなのは、「話が下手だからやらない」なんです。

苦手なことに挑戦している姿は、すてきなんです。

みんなにすてきに映るものなんです。

信ちゃんは性格もすてきなんです。

だけど、一生懸命やる姿が、もっとすてきなんだよね。

本が大の苦手だった信ちゃんが…。

本好きが7回読むんじゃない。

ほとんどマンガしか読んだことがなかった人が、7回読んだことがすごいんだよね。

そのことで、限界という、自分で作った殻を破った。

オリンピックが感動的なのも、限界を破って出てくるからすてきなんだよね。

で、人って、そういう人の姿を見ると感動するように、神が作っているんです。

私たち、猿じゃありませんよね。

猿が、なにかをやっても、猿どうしは感激しないんです(笑)。

だけど、人は、出来なかった人ができたのを見たとき、感激するようにできている。

みっちゃんも、声や体が震えちゃうほど、人前で話すのが苦手だった。

そんなみっちゃんも今では、講演会で2000人を前に舞台に立っている。

その姿だけで、すごい魅力があるんです。

限界を打ち破ったときに、魅力が出るんです。

人は、できないから魅力がないんじゃない。

できないことが一つでもできるようになったとき、すごい魅力が出るんです。

それを忘れないでほしいんです。

みんなに。

だから、みんなにね。

「私はできないからやらない」じゃない。

やめる言いわけにしちゃダメなんです。

前にも言ったけど、「深い井戸ほど出た水はきれい」なんです。

もうひと堀り、もうひと堀りってするんです。

成功に向かって歩き出している人を、成功者って言うんです。

止まっちゃいけない。

歩き続けるんです。

千里先からでもいい。

成功に向かって歩きだした人は、全部、魅力的なんです。

だから、「私、話が苦手なんだ」って人には、「苦手でもいいから、やってごらん」って。

「心臓が口から出ちゃう」って人には、「それ見たいからやってごらん」って(笑)。

「一回口から心臓が出るところ見てみたい。そんなすてきなショーはないよ」って(笑)。

やるって言ったらやろうよ、って。

震えてもいい、声が出なくてもいい、それ場で気絶してもいい、だけど立とうよって。

『仕事はおもしろい』マキノ出版