宮本武蔵の『五輪書』より経営に活かせる考え方

banner02
画像:http://nekomarimo.com/

「岩尾の身とは、何事が起きても動かない、強く大きな心のことである。

武士だけではない。

農には農、商には商、工には工の、岩尾の身があるのだ」

たとえば———と、武蔵は言った。

農夫が丹精込めて植えた稲が、冷夏にやられ育たなかったとする。

このとき、ただ冷夏に当たった自分を哀れみ、嘆き悲しんでいるだけでは駄目なのだ。

なぜ、冷夏を事前に察知できなかったのか。

また、再度起こるかもしれない冷夏に対して、いかなる手立てが取れるのか。

そうしたことを考え、改めるべき点は改め、次の年へと繋げる。

これが農の岩尾の身である。

肝心なのは、どんなに受け入れがたいものであっても、それが事実であるならば、正しく認めること。

そのような強くて大きな心を養うことである。

これが出来て初めて、困難な問題に立ち向かう精神と、冷静で的確な対応が生まれるのだ。

引用:「宮本武蔵の『五輪書』が面白いほどわかる本」
細谷正充 著
中経出版より