成功者はなぜ、帝王学を学ぶのか

banner02
経営 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

未来が見えていない経営者の会社は倒産します。

大企業であっても、今の時代は倒産します。

実際、この20年間で30を超える大企業が倒産しています。

中小・零細企業に至っては、毎年1万~1万5000件以上、データが取れない夜逃げや休眠会社を含めると3万件が倒産していると分析できます。

これらは、計画倒産を除けば未来が見えていなかったために起きたことです。

未来を考え、未来を指し示し、それを実践していくことが指導者の条件ですが、ここで、あなたに考えて欲しいことがあります。

未来を指し示す指導者の見極め方です。

例えば、アメリカの大統領選挙や世界の通貨の為替変動、株式相場の予想や地元の商店の浮き沈み、さらにはあなたの生活に至るまで、「帝王学」を学ぶまでもなく、ある程度未来を予測する方法があります。

それは、「あなた自身が未来志向か否か?」ということにかかっています。

つまり、あなた次第なのです。

もし、あなたが未来志向なら、あなたは未来を予測するためにアンテナを立て(関心を持ち、興味を抱くこと)、未来を考えるのに必要十分な情報を収集して、それを分析し続ける思考トレーニングができているはずです。

常に未来を意識して思考トレーニングができているか否かで、未来はまるで違ったものとなります。

簡単に未来を悲観したり、現在を嘆いたり、過去を悔やんだりしてはいけません。

それは、すべて、あなたの自身の内面にある心がつくり出していることだからです。

「心」というと分かりにくい方は、あなたの思考や口癖と理解してください。

あなたの口癖には、あなたの心のあり方が反映されてしまっています。

なぜなら、どこに行っても、何をやっても、誰とつき合っても、結婚しても、あなたは永遠にあなた自身の心からは逃げられないからです。

あなたのことを一番知っているのは、あなた自身なのです。

では、あなたの未来を考える上で必要な指導者についてさらに考えていきましょう。

「指導者」(リーダー)として人の上に立つからには、自我(自分だけの都合を考えること)や自我欲(自分だけが得する欲望)をなくし、《利他の精神》(他人の利益を考えて配慮でき、実践しようとする美しい愛の大きな精神)を持って、未来を見つめ、未来のあるべき方向性を考え抜いて判断し、未来志向で行動することが必要なのです。

これができる人間こそが、真の指導者と呼べます。

もし、今あなたがついている指導者が未来を見ることができず、自我欲が強い場合には、早めに離れることをすすめます。

『成功者はなぜ、帝王学を学ぶのか』現代書林