神・時間術

banner02
神 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私はよく、「樺沢さんは、夜寝ているのですか?」「樺沢さんには、影武者がいるのですか?」と言われます。

自己紹介がてら、私の日々のスケジュールを紹介しましょう。

●毎日、午前中は執筆時間で年3冊の本を出版

●メルマガ、YouTube、Facebook、ブログを毎日更新

●月6回以上の病院診療

●月20冊以上の読書と書評を公開

●月2、3回のセミナー、講演活動(いずれもオリジナルで新規の内容)

このスケジュールを、私は約7年も継続しています。

多くのビジネス書がライターの手によって書かれていますが、私は書籍やメルマガなど、すべての文章を、一字一句、すべて自分の手で書いています。

「メルマガ毎日発行」「YouTube毎日更新」「月20冊の読書と書評」など、どれか一つをとっても、ずっと継続することはたいへんです。

睡眠時間を削って仕事をしていると思われますが、私は毎日7時間以上は必ず寝ています。

しかし、さらに驚くべきことは、私の自由時間の多さです。

●週4、5回のジム通い。週2本の映画鑑賞

●月15回以上の夜の会食、パーティ、イベント。話題のレストランやバーめぐり

●年100種類以上のウィスキーのテイスティング

●年30日以上の海外旅行

私ほど多くの自由時間、趣味や娯楽の時間を確保し、人生を謳歌(おうか)している人は滅多にいません。

それも、毎日4人分以上の仕事をこなしたうえでの話です。

私のこんな時間の使い方を友人に話したところ、彼は言いました。

「神がかっている!」

そんな、神がかった私の時間術を「神・時間術」と名づけました。

■「集中力」を中心に時間を考える

人間の脳というのは、起きてから2、3時間は、脳が疲れておらず、さらに脳内が非常に整理された状態にあるため、脳のパフォーマンスが1日で最も高いのです。

その時間帯は、「脳のゴールデンタイム」と呼ばれ、論理的な作業、文章執筆、語学の学習など、高い集中力を要する仕事に向いています。

脳科学的に最高のパフォーマンスを発揮できる時間帯に、それに合った仕事をすることで、仕事の効率を2倍以上に高めることが可能なのです。

「高い集中力を必要とする本の執筆は午前中にしかできない」と書きましたが、実は午後や夜にも、高い集中力を必要とする仕事を上手にこなす裏技があります。

それが、「運動」です。

私は、週4、5回の運動を習慣にしています。

1回60分から90分の有酸素運動、それが終わると、頭も身体もリセットされます。

言うなれば、朝起きたときと同じくらい、すっきりとした状態になります。

《雑念排除法》

ある研究によると、集中力が高まっているときに、電話や声がけによって集中力が途切れてしまった場合、その状態(集中力が高まった状態)に戻るのに約15分かかることがわかっています。

私は毎日、午前中は部屋にこもって執筆をするのが日課です。

そして家内に、「午前中、部屋で執筆しているときは、絶対に声をかけるな」と言ってあります。

小説家が、小説を書く場合、温泉宿に缶詰めになって小説を書き上げる、という話を聞きます。

なぜ温泉宿にこもるのか。

それは、「人的な横槍」をブロックして、すべての雑念を排除し、集中力を高めて、一気に執筆を終わらせるためです。

サラリーマンである友人にこの話をしたところ、「社内の会議室に行くと集中できます。会議室が空いているときに、資料とノートパソコンを持って会議室にこもる。邪魔が入らなくて、集中して仕事ができるんですよ」と言っていました。

当たり前のことではありますが、「缶詰仕事」をする場合は、携帯やスマホの電源をオフにしないと意味がありません。

どんな閉鎖環境にいても、10分おきに携帯電話が鳴っては、集中できたものではありません。

『神・時間術』大和書房