九州に一人の新聞配達の少年がいました。

banner02
新聞 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

九州に一人の新聞配達の少年がいました。

近所で遊んでいる子どもは、いつも彼を見たら石を投げたりしていじめました。

あるとき、石がほんとうに当たってしまいます。

すると、少年は石を投げた子どものところに行って、「おれが何か悪いことをしたか」と聞きました。

「いったい何をやっているのかと思っただけだ」

「新聞配達をしているのがわかるだろう」

「新聞配達はわかるが、なぜそんなことをしているんだ」

「お前らの家は裕福だから、ずっと遊んでいてもいいかもしれない。しかし、おれの家は貧乏だから、おれがこれをやって親を助けなきゃ生きていかれないんだ。今度、邪魔したら許さんぞ」

その気迫に負けて、石を投げた子どもは、「自分にも新聞配達をやらせてくれ」とお願いしました。

そうしたら少年は、「いい加減な気持ちでいったらおれが許さんぞ」といったそうです。

話の中の少年は、子どもなりにも責任感を持って、目標に向かってがんばっていたのでしょう。

この少年の親も、貧しくとも誠実に生きていたはず。

だからこそ、少年は自然に、「親もきちんと親の責任を果たしているから、自分も自分のやるべきことをしなければならない」と思うようになった。

これが健全な家庭というものではないでしょうか。

人は人に対してたいへん大きな影響を与えるものです。

親子であれば、親が節度を保ち、親としての行いを実践していれば、よい感性は子どもにも継承されるはずです。

また、他人同士でも、お互いに影響を及ぼし合います。

_______

すぐに結果を求めない生き方

鍵山秀三郎 著

PHP研究所