2030年には、日本の労働人口の◯◯%が人工知能やロボットに代替される。

banner02
人工知能 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

2030年には、日本の労働人口の49%がAI(人工知能)やロボットに代替される。

野村総研が2015年にまとめたこのレポートはあちこちで波紋を広げている。

2030年といえば、2017年に今からたった13年後。

現在40歳の人は53歳で、まだまだしっかり働き、しっかり稼がなくてはならない時期だ。

それなのに半分近くの人の職がAIやロボットに奪われるというのだから、来るべき未来に震える人もいるだろう。

あなたが49%の側になるか51%の側になるかは、今現在、どんな仕事に就いているかで決まるわけではない。

また、理系出身であるか文系出身であるかで決まるものでもない。

この二つを隔てるのは、理系脳であるか文系脳であるか、これだけだ。

理系脳とはすなわち、これからも急速に変化する科学や技術の分野にキャッチアップできる柔軟性と進取の気性を併せ持っていることだ。

ドッグイヤという言葉がある。

犬にとっての1年は人間の7年に相当することから、ほかの分野に比べて7倍速といえるくらい急速に進化する分野を表現するのに使われる。

私がマイクロソフトにいた頃のIT業界はまさにドッグイヤーだった。

そして今、AIやロボット、センシング、ビックデータ解析、再生医療などの分野はドッグイヤ―など比ではない速度で変化している。

今日の常識が明日には時代遅れとなっていても不思議ではないこれらの分野では、過去の蓄積だけでは仕事ができない。

一見、AIともロボットとも無縁に感じられる分野でも同様だ。

こう断言できるのは、いま起きていることは私が過去に見てきたことの再現だからだ。

かつて電子計算機は大量の計算をしたい特殊な人たちのものだった。

人類の大半には、電子計算機など縁遠い存在だったのだ。

ところが、電子計算機ではなくコンピュータと呼ばれることが増え、個人が手軽に使えるパーソナルコンピュータ(パソコン)と呼ばれるジャンルが登場すると、それまでは電子計算機とは無縁だった職場へのパソコンの導入が始まった。

そのときに「おれはこういう機械はきらいだ」と嘯(うそぶ)いていた人たちが職場で厄介者扱いされるようになり、あらゆる職場でパソコンが当たり前のように使われるようになるまで15年も経たなかった。

AIやロボットについても、パソコンで起きたのと同じような現象が起こるだろう。

ただ、まったく同じではない。

あの頃よりももっと早く、AIやロボットは、どんな分野の仕事をしている人にとっても当たり前になる。

科学、そして技術の進化は加速しているからだ。

それに置いて行かれたくなければ、それなりのスピードが求められる。

だからこそ、理系脳が必要なのだ。

理系脳の持ち主には、理系学部で学んだ人も、文系学部で学んだ人もいる。

理系学部で学んだからといって、理系脳とは限らない。

もう少し詳しく野村総研のレポートを見てみると、そこには「代替可能性が高い100種の職業」と「代替可能性が低い100種の職業」もまとめられている。

私の目には、「代替可能性が高い100種の職業」、すなわちAIやロボットに奪われる仕事は、ありふれた言い方をすればクリエイティブではなく、「代替可能性が低い100種の職業」、これもありふれた言い方をすればクリエイティブということだ。

これをふまえると、私の目には、クリエイティブな仕事に就いている理系脳の持ち主は安泰に映る。

新しいものに貪欲に触れ、消化し、自分のものとしていくだろう。

一方で最も危険なのは、クリエイティブではない仕事に就いている文系脳の持ち主だ。

クリエイティブな仕事をしている文系脳と、クリエイティブではない仕事をしている理系脳はいい勝負をするかもしれないが、後者に軍配を上げたい。

なぜなら、理系脳でありさえすればクリエイティブな仕事に転じることはそう難しくないからだ。

そして、文系脳でありながらたまたまクリエイティブな職業に就いていた人から、AIやロボットに負けじと仕事を奪えばいいのである。

しかし、文系脳の持ち主も恐れることはない。

じつは理系脳は今日から、たいした努力をしなくても、自分の力で手に入れることができる。

文系の教育しか受けてこなかった人も恐れることはない。

商学部出身の私が言うのだから間違いない。

『理系脳で考える』朝日新書