堀江貴文「多動力って何?」

banner02
堀江貴文 いいため話
画像:http://www.asahi.com

実は、かつては誰もが「多動力」をもっていた。

そう、あなたが3歳児だったころ、「多動力」は確実にあなたの中にたっぷりと備わっていたのだ。

ご飯を食べていても、興味がころころ移っては、ジュースをこぼしたり、お皿を割ったり、親を困らせていたはずだ。

好奇心が抑えられず怪我ばっかりしていたはずだ。

しかし、多くの人は、子どもから大人になっていく中で、「多動力」がみるみるうちに涸れていく。

「やりたいこと」ではなく「やらなくてはいけないこと」をするように矯正され、バランスの取れた大人になる。

一方で、成功している起業家やクリエイターは、好奇心旺盛な3歳児がそのまま大人になってしまったような人が多い。

大人になるにつれ身につけるはずの分別や自制心を、彼らはいい意味でもっていない。

無分別であり、ストッパーが外れている。

だから、50歳になろうが60歳になろうが、興味があることに脇目も振らず邁進する。

その結果、誰もが考えもしなかったイノベーションを起こすのだ。

テスラ・モーターズCEOのイーロン・マスクは服を着られないらしい。

服を着ている間に、次にやりたいことを思いついてしまうから、ボタンを留めることができないのだ。

まるで3歳児がテレビやおもちゃに夢中になってしまって、いつまでたっても服を着替えられないのと同じである。

だからこそ彼は、常識にとらわれず、「火星移住計画」を立てたり、ロサンゼルスの渋滞に不満を感じれば、いきなり地下にトンネルを掘り始めたりしてしまう。

_______

多動力

堀江貴文 著

幻冬舎