イケアの女性比率は66パーセント

banner02
女性 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

イケアの女性比率は六六パーセント。

「対面販売」「営業時間が長い」という特徴があるが、時間の制約を持っている女性でもみな、生き生きと働いている。

なぜ、そんな働き方ができるかというと、イケアには「労働時間の長さと活躍は関係ない」という前提があるからだ。

「イケアの社員として、イケアで活躍するために入っている」という考え方が貫かれている。

この話を聞いたとき、私は「なぜ日本は最初からこうできなかったのか」と暗い気持ちになった。

日本の企業では、活躍したり出世したりする人は、長時間働くことが前提になっていて、それができなくなれば、活躍から遠ざかるのが当然とされがちだ。

ところがイケアの場合、時間を基準にしない。

「誰もが自分の持てる時間の中で、イケアのために活躍すればいい」と考えるのだ。

入社時からのマインドセットがまったく違う。

「労働時間差別」がないのだ。

やはり「時間を評価の基準にしない」「時間で差別しない」ということは、さまざまな社員が生き生きと働くうえで、極めて重要なことだろう。

_______

御社の働き方改革、ここが間違ってます!

白河桃子 著

PHP新書