仕事に感謝しよう・・・って言われても。

banner02
仕事 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

イギリスの作家チャールス・キングスレーは「毎朝、床から起きたら、たとえ好きであろうと嫌いであろうと、何か一つやるべき仕事があることを神に感謝しよう」と言い残したそうですが、この言葉は日々仕事に追われているサラリーマンにはピンとこないと思います。

仕事があるのが当たり前と考えているからです。

ところが、全く仕事がない状態が続き、経済的な不安を感じながら過ごしていると、自分の仕事を持ちたいという気持ちが湧いてきます。

とくに日本人は仕事をすることが生き甲斐としてきた民族ですから、何もやるべき仕事がなくなると、自分が世の中から取り残され、必要とされていない人間になったのではないかと感じてしまうのです。

企業には「経営目的」(経営理念)があるように、個人にも「生きる目的」があります。

その「生きる目的」を私は次のような言葉で提言してきました。

「生涯、自分の心を磨き続け、死ぬまで世のため人のために尽くす(働く)こと」、つまりは「生涯学習、生涯現役(終身現役)」ということです。

企業が経営目的からはずれたことをやれば世の批判を浴びるように、人間も生きる目的から逸脱した行動をとれば、同じく世の中から批判を浴びて当然のはずです。

つまり、生きる目的からすると、定年を迎えたら仕事から解放されていいという考え方は、今日では間違いになってきたのです。

それは人生が50年か60年で終わっていた昔には許されたことですが、今は人生が昔よりもおよそ2倍になったのですから、働く年数も2倍でなければなりません。

そうでなければ世の中の仕組みがうまく作動しないことになります。

この冷厳な事実を、日本ではほとんど誰も指摘しません。

むしろ老人福祉の思想の下に、高齢者の自律・自助を促すことよりも、高齢者保護に世間もマスコミも関心を寄せ、政府もその方向に政策を展開するばかりです。

国民の88%がサラリーマンとして働いている日本社会では、人々は仕事よりも趣味や個人生活に関心が強くなっているからだと思います。

その普段の仕事への関心の弱さが、老後の仕事に対する準備のなさにつながっているのです。

ですから自分が無職になって心細さを痛感するようになって、やっと仕事を持つことの重要性に気付くのです。

何度も繰り返しますが、これから年々、老後ミゼラブル・老後貧困・老後破産・老後危機・下流転落といった言葉で表現されている高齢者層の困窮状況が増えていくでしょう。

多くのサラリーマンは自分を中流と考えているようですが、このまま老後対策をしないで手をこまねいていれば、定年後には下流階級に転落する高齢者の増加があるからです。

高齢者の3大ミゼラブルは「孤独死」「認知症」「犯罪」と言われています。

サラリーマンが勤め先を離れて組織の一員でなくなることによって心理的には孤独感を感じ、それがこうじると「孤独死」に追い込まれるようになります。

また職場の仲間との交流がなくなり、コミュニケーションの場や機会が激減していくと認知症になりやすくなります。

さらに経済的に困窮することで、やむを得ず窃盗や詐欺などの「犯罪」を犯すようになることから、この3大ミゼラブルが表面化したのです。

こうした老後のマイナス現象に巻き込まれないためには、とにかく定年後も何かの仕事を持つことです。

何の専門的な技能も知識もなければ、まずはお手伝い的な仕事を専門にすればいいのです。

私はこれまでの講演・著作で再三にわたって「一引、二運、三力」の言葉を使ってきましたが、人生の成功要因の第一は他人様からいただく「引き」です。

すなわち「〇〇さんに頼みなさい」「あの人は信用できるから相談してみたら」といった紹介をいただくことです。

この紹介のご縁ができない人は、どんなに知識や技術が優れていても仕事の注文が少ないことから事業は長続きしません。

『小に徹して勝つ』ぱるす出版