私には強みなんて何もない

banner02
強み いいため話
画像:http://mika-rika-free.jp/

「私には強みなんて何もない」と言う人がいます。

しかし、人間には必ず何らかの強みがあります。

五十年、六十年と生きている人であれば、なおさらです。

強みがないわけがありません。

ここまで生きてきたのです。

必ず何かがあるものです。

脳は二者択一の法則で動いています。

二者択一とは二つのうちひとつを選ぶことですが、脳は二つの相反することを同時にはできません。

どちらかを選択するわけです。

例えば、「楽しい」と言いながら「苦しい」ことを考えられない。

笑顔でガッツポーズを出しながら怒れない。

「楽しい」か「苦しい」か、どちらかを選択するのです。

ですから、自分の強みを認識できると、劣等感が消えて優越感を持てるというわけです。

それは、自信という言葉に置き換えてもいいでしょう。

自分のことを他人よりも優れていると勝手に思い込むことを「優越の錯覚」と言います。

錯覚ですから、根拠はなくてもいいのです。

_______

はやく六十歳になりなさい

西田文郎 著

現代書林「元気が出る本」出版部