何もせず、何も手に入れず、何者にもならない。

banner02
泥棒 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

多くの人は失敗を恐れてリスクを避けようとする。

リスクをまったくとらないなら、

あまりにも退屈な人生しか送ることができない。

アメリカの有名な哲学者レオ・バスカーリアが
こんなことをいっている。

「リスクをとらない人は、

何もせず、何も手に入れず、何者にもならない。

苦しみや悲しみを避けようとするあまり、

学ばす、感じず、変わらず、成長せず、愛さず、

本当の意味でいきることができない」

それに対し、必要なときにリスクをとるなら、

充実した人生を送ることができる。

冒険をして初めて業績につながる。

何もしないより間違いをおかしたほうがいい。

倒れたらすぐに立ち上がろう。

間違いから教訓を学べば、今度は以前よりうまくできる。

~~~

出典

[自信の法則]

ジェリー・ミンチントン 著

ディスカヴァー・トゥエンティワン より